硬いマットレスで腰痛が痛い時

 

硬いマットレスで高反発のを使えば腰痛に良いと紹介がされている嘘を良く見かけます。

 

目覚めた時の腰痛に悩まされる原因に沈み込むことがあります。

 

そのため、高反発の硬いのを使えば沈まないので、腰痛に悩まされなくなるといったのです。

 

しかし、紹介がされている腰痛に良いマットレスの公式サイトを見れば、きちんと硬いマットレスだと腰や背中が痛くなると明記がされています。

 

硬いマットレスを使うと腰痛に良いのではなく、軽くお尻が沈む背中のカーブに沿ったのを使うと、楽な姿勢であり寝返りの回数も増えるのですね。

 

それにも関わらず硬いマットレスを使えば良いなんて紹介がされているので、口コミを見ると腰痛が悪化したなんて見かけたりします。

 

柔らかくて沈むのより硬いマットレスを使った方が良いのは間違いないですが、体系次第では柔らかめのを使った方が良いこともあります。

 

これから腰痛に良いマットレスを探している人であれば、「腰痛に良いマットレスの選び方」などを参考にすれば、失敗をすることはないはずです。

 

 

硬いマットレスで腰痛の人はどうする

 

硬いマットレスで腰痛に悩まされているのなら、本来はおすすめできないのですが、上に敷布団や腰の付近のタオルを畳んだのを置く方法が有効です。

 

硬いマットレスで寝ていると腰の部分が反っているので、軽く接地をする程度で少し浮き気味のような状態になります。

 

そのため、腰痛に悩まされてしまうので、上に敷布団を敷くことで柔らかくすることができます。

 

また、タオルを腰の付近に巻いておけば浮いた部分を支えるので、腰も接地しているかのような状態になります。

 

そのまま使い続けるのに比べてからだにあわせて多少硬い程度であれば、これで大分軽減がされるはずです。

 

硬いマットレスの上に敷布団を敷くのは本来の使い方ではない

 

腰痛に良いマットレスとして販売がされている多くは、そのまま上に何も敷かずに使えるように考えられているのがほとんどです。

 

そのため、厚さが10cmあって底付き感の心配はなく、スプリングが中に入っているのも多いです。

 

体圧分散が良いように設計はされているので、上に敷布団を敷くことで本来のマットレスの状態を、変えることになります。

 

また、湿気がたまりやすくもなり衛生的にも良くないので、マットレスはそのまま使った方が良いです。

 

但し、選んだマットレスが間違っておりからだが痛いのであれば、そもそもの体系にあっていないので、対処をするようにしましょう。

 

硬すぎるマットレスを買い替えた方が良い理由

 

タオルや敷布団で目覚めた時の腰痛がなくなるのであれば、そのまま一時的に使い続けることはできます。

 

ただ、そのまま使い続けるのは余りおすすめをすることはできないです。

 

マットレスが硬いと感じるのは問題はないものの、それで腰痛に悩まされているのであれば、体系に合わせた反発力があっていないことでもあります。

 

高反発を使うと良いなんて説明がされているのを良く見かけるので、それを鵜呑みに体系に合わせたのを選んでしまうと失敗をしやすいです。

 

本来は睡眠中はからだを休める時間でもあるので、疲れが取れて朝には快適なのがあるのが正常な状態です。

 

硬すぎるマットレスを使っているとちょっとしたミスや気分が上がらなくてだるいなど、からだを休めることができていないので、できるだけ早めに買い替えるのがおすすめです。

 

硬いマットレスで失敗をした人は腰痛に良いのを選びやすい

 

腰痛に良いマットレスとして販売がされているのは、種類はたくさんあります。

 

しかし、それぞれが硬さが違うのでからだにあったのを見つけるのは難しく、寝具屋で試しても短時間だとどれが良いかも分からないです。

 

そのため、からだにあっているのを見つけるのは難しいですが、すでに失敗をしており原因が硬いのであれば、本来はどんなのを使えば良いのかも分かりやすいです。

 

今使っている硬いマットレスよりも反発力の弱いのを選ぶことで、からだにあったのを見つけることができるのですね。

 

しかし、極端に柔らかすぎるのを使うと今度は沈み込んでしまい、腰痛の原因にもなってしまいます。

 

そのため、「腰痛に良いマットレスの選び方」などを参考にして、体重に合わせた硬さを選ぶようにしてください。

 

そして、今回の失敗を考慮して体重に合わせたのでも今使っているのと体重に合わせたので少し柔らかめや硬めなど調整をしてください。

 

マットレスを選ぶ時の硬さは体重を考慮することができますが、身長や体形は人それぞれなのであくまで目安となるのですね。

 

トップへ戻る